Language Options  

ニュースレター

移民法 – アンブレラライセンス

 

21 December 2018 

Thomas Miles

 

スポンサーライセンス下で移民を雇用する場合、移民がスポンサーである特定企業での勤務に制限されてしまうた
め、企業によっては、変化するビジネス上のニーズに

スポンサーライセンス下で移民を雇用する場合、移民がスポンサーである特定企業での勤務に制限されてしまうため、企業によっては、変化するビジネス上のニーズに適応する上で、困難に直面することがあります。しかし、実はより柔軟なスポンサーの手配が出来ることを知っておくと役に立つかもしれません。

普通、移民はそのスポンサー企業のみで勤務することが求められますが、実はスポンサー企業の「支店」として正式にホームオフィスで登録されている他企業もその中に含まれています。この際「支店」とは通常の概念とは全く異なる意味で、スポンサー企業と適切な関係性を持つ他企業(または他事業体)のことを意味します。

通常、他事業体とスポンサー企業との間に必要な関係性は、Tier 2(Intra Company Transfer)ビザのリンク付けの申請の場合と同じ基準で決められます。すなわち、それは共通の所有権や統制があることです。そのため、たとえば英国の2つの事業体が最終的に同じ親会社を共有する場合(たとえ一連の他の所有権を通じていたとしても)、それらは関連性を持つものとして認められます。 したがって一方を他方のライセンス上で「支店」と呼ぶことが出来ます。

他事業体がスポンサー企業の支店としてホームオフィスに登録されると、スポンサー企業の移民は誰でもその支店で働くことができます。そのため、英国に複数の事業体を持ち、これらの事業体間で異動する柔軟性を必要とするグループ企業や、もしくはたった一人の移民であれ、他の事業体で業務をしなければいけない際に、これは非常に貴重なツールとなりえます。

重要点:

  • ホームオフィスに「支店」として登録されていても、企業が有する他の法的ステータスに直接影響はありません。

  • スポンサー企業である2社が、お互いを支店として登録することも可能です。

  • 共通の所有権、もしくはその他の適切な関係性の証拠をホームオフィスに提出しなければならず、申請が承認されるまでに約18週間かかることがあります。

  • 移民は他の支店で働くことができますが、適切な修正がなされていない限り、職務、給与などはCoSに従って勤務しなければなりません。

  • 移民の勤務先や勤務地が変更される場合、SMS上で情報更新する必要があります。

  • スポンサー企業は、給与、記録保持などといったその移民に関するすべてのスポンサーシップ業務について責任を負います。

この手配はあらゆるの状況下の事業の役に立ち、ビジネスチャンスを最大化し、スピードと柔軟性を改善するために、複雑な構造に組み込むことができます。また当然1つのスポンサーライセンスで多数の事業体をカバーすることができるため、多数のライセンスを取得し維持する際の費用と管理負担を軽減することができます。

非常に多くのお客様にとって、スポンサーする移民労働者がビジネスの不可欠な要素であることを考慮すると、移民法が企業戦略の重要な部分であるべきことを覚えておくことは非常に重要です。

アンブレラライセンスについてご質問がある方は、3HRの移民法チームまでお気軽にご連絡ください。

適応する上で、困難に直面することがあります。しかし、実
はより柔軟なスポンサーの手配が出来ることを知っておくと役に立つかもしれません。
普通、移民はそのスポンサー企業のみで勤務することが求められますが、実はスポンサー企業の「支店」として正
式にホームオフィスで登録されている他企業もその中に含まれています。この際「支店」とは通常の概念とは全く
異なる意味で、スポンサー企業と適切な関係性を持つ他企業(または他事業体)のことを意味します。

通常、他事業体とスポンサー企業との間に必要な関係性は、Tier 2(Intra Company Transfer)
ビザのリンク付けの申請の場合と同じ基準で決められます。すなわち、それは共通の所有権
や統制があることです。そのため、たとえば英国の2つの事業体が最終的に同じ親会社を共
有する場合(たとえ一連の他の所有権を通じていたとしても)、それらは関連性を持つもの
として認められます。 したがって一方を他方のライセンス上で「支店」と呼ぶことが出来
ます。

 

他事業体がスポンサー企業の支店としてホームオフィスに登録されると、スポンサー企業の移民は誰でもその支店
で働くことができます。そのため、英国に複数の事業体を持ち、これらの事業体間で異動する柔軟性を必要とする
グループ企業や、もしくはたった一人の移民であれ、他の事業体で業務をしなければいけない際に、これは非常に
貴重なツールとなりえます。

 

重要点:

  • ホームオフィスに「支店」として登録されていても、企業が有する他の法的ステータスに直接影響はありま

  • せん。

  • スポンサー企業である2社が、お互いを支店として登録することも可能です。

  • 共通の所有権、もしくはその他の適切な関係性の証拠をホームオフィスに提出しなければならず、申請が承

  • 認されるまでに約18週間かかることがあります。

  • 移民は他の支店で働くことができますが、適切な修正がなされていない限り、職務、給与などはCoSに従って

  • 勤務しなければなりません。

  • 移民の勤務先や勤務地が変更される場合、SMS上で情報更新する必要があります。

  • スポンサー企業は、給与、記録保持などといったその移民に関するすべてのスポンサーシップ業務について

  • 責任を負います。

  • この手配はあらゆるの状況下の事業の役に立ち、ビジネスチャンスを最大化し、スピードと柔軟性を改善す

るために、複雑な構造に組み込むことができます。また当然1つのスポンサーライセンスで多数の事業体をカ
バーすることができるため、多数のライセンスを取得し維持する際の費用と管理負担を軽減することができ
ます。

  • 非常に多くのお客様にとって、スポンサーする移民労働者がビジネスの不可欠な要素であることを考慮すると、移民法が企業戦略の重要な部分であるべきことを覚えておくことは非常に重要です。

 

アンブレラライセンスについてご質問がある方は、3HRの移民法チームまで
お気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

法律、および人事に関する最新情報をご希望の方は、弊所ニュースレターをお申し込みください。

Related Articles

Download

Head of Legal/Director

Thomas Miles

Cookie Policy    Complaints Information

 

 

© 2013-2019  3HR Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is New Broad Street House, 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3HR Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3HR Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com