Language Options  

ニュースレター

Commercial update – Companies Houseに提出が必要な事項

Amy Cunliffe-Rowe

01-02-2019

Companies House(企業登記局)が発表した最近の統計によると、イングランドとウェールズにある企業は、年次決算書の提出が期限に間に合わなかったために、12ヶ月で8,500万ポンド以上の罰金を科されています。会社の書類を提出しなかったことによる影響を避けるためには、何をいつ提出する必要があるかを知っておくことが重要です。

 

企業は、登記された事務所の変更時、取締役やカンパニーセクレタリーの任命の変更時、会社の決議が可決された時、株式資本の変更時、または定款等の変更時に、Companies Houseに通知しなければなりません。

 

その他の報告義務は継続的に発生します。決算書と確認報告書(Confirmation statement)は、毎年Companies Houseに提出しなければなりません。年次決算書は、民間企業であれば会計決算年度の終了後9ヶ月以内に、上場企業の場合は6ヶ月以内に提出されなければなりません。

 

確認報告書とは、登録事務所、役員、セクレタリー、登録上の住所、SICコード、重要な権限を持つ人物の登録などといった、Companies Houseに登録している会社の詳細情報が正確で変更されていないことを確認する文書です。企業情報に変更がない場合であっても、年次の確認報告書を提出する必要があります。確認報告書は各年度のレビュー期間終了後14日以内に提出する必要があります。レビュー期間は、新しい会社が設立された日から12ヶ月、または既存の会社の場合は前年度のレビュー期間の翌日から12か月となります。

 

海外企業の英国支店は通常Companies Houseに決算書を提出する必要があります。提出しなければならない会計書類の種類は、海外企業が本国の法律に基づき、書類作成、監査および開示を要求されているかどうかによって異なります。

 

継続して行う提出要請事項の不履行による潜在的な影響には、取締役に対する刑事訴訟、個人に対する罰金、企業の登録からの除名、そして決算書が遅れて提出された場合の罰金が含まれます。罰金は多額になることがあり、6ヶ月以上遅れて決算書を提出している公開企業の場合、最大£7,500にもなる可能性があります。さらに2年続けて決算書が遅れて提出された場合には、罰金が2倍になることもあります。

 

提出期限を逃さないようにするための具体的な手順は次のとおりです。

  1. 提出のリマインダーを受け取ることができるように、Companies Houseに登録されているコンタクト先の情報を最新のものに保つ。

  2. 会計士が準備と提出に十分な時間を持てるよう、決算書提出期限前の出来るだけ早い時期に会計士に対して指示を出す。

  3. 期限内に提出できるよう提出期限前に提出の予定を入れておく。

 

上記やその他の商法の分野のサポートをご希望の方は、3HRのコマーシャルチームまでご連絡ください。

法律、および人事に関する最新情報をご希望の方は、弊所ニュースレターをお申し込みください。

Related Articles

Download

Solicitor

Amy Cunliffe-Rowe

Cookie Policy    Complaints Information

 

 

© 2013-2019  3HR Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is New Broad Street House, 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3HR Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3HR Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com