Language Options  

ニュースレター

訴訟のタイムテーブル - パート1

24 May 2019  

Steven Langton

争議がある場合、早期解決を望むのは当然の事です。

UKにおいて、訴訟は依然として当事者が民事訴訟を解決するための主な手段です;しかし、残念ながら、即時に結果が出るわけではありません。

手続を開始するのでさえ時間がかかります。今回のニュースレターでは裁判所で手続きを開始する前に、何が行われるのか、そしてどのくらい時間がかかるのかについてのイメージをお伝えします。

イングランドとウェールズでの民事訴訟は民事訴訟規則(Civil Procedure Rules - CPR)で規定されています。訴訟の当事者はこの規則に従う必要があり、これは訴訟が開始される前の段階にも適用されます。訴訟前行動指針(Pre-action protocols)が適用されてしばらく経ちました:人身傷害と臨床過失についての最初の2つは1999年4月26日に施行されました。現在15の訴訟前行動指針が存在します。案件にこのうちのどれもが該当しない場合、当事者は訴訟前行動についての施行細則(Practice Direction)に従うことが求められています。これは当事者がかれらの案件を補助する関連書類を含む、訴え、防御、および反訴についての情報交換において、合理的な行動を求められている事を意味します。

訴訟前行動指針は大抵の場合、遵守すべき期間について規定しています。これらは行動指針ごとに異なっています。何も規定がない場合には、裁判所は一方の当事者が最初のレターを14日以内に承認することを求めています。承認後、被告側当事者には適切な回答を作成する時間が与えられています。どのくらいの時間かは案件の複雑さによって異なります。より複雑な案件であれば、調査して回答するためのより長い時間が正当化されるでしょう。これは、特に保険業者が関与しているのであれなおさらです。専門家のアドバイスが必要な場合はより長い期間が適切かもしれません。

裁判所は遵守しない当事者を対処する権限をを有しています。裁判所は、もし行動指針を遵守していたら、至っていたであろう状況よりも悪い状況に罪のない当事者を置かないことを目的として、これらの規定に基づく権限を行使します。

当事者が行動指針を遵守しなかった事により本来開始されなかったかもしれない手続が開始されたと裁判所が感じた場合、または、追加の費用が発生している場合、裁判所は一部または全部の手続費用の支払いを不履行のあった当事者に命じることができます。不履行当事者が原告の場合、与えられる利息からの減額またはその抹消となるかもしれません;不履行当事者が被告の場合、損害についての利息を基本レートの10%以下で支払うことになるかもしれません。

忍耐と十分な準備がキーポイントです。このどちらも無いまま訴訟に突入することは、手続が苛立たしく費用がかかるものになるでしょう。

3HR Corporate Solicitorsでは、貴社がご理解の上で商業的決断に達することができるよう、また、訴訟を起こすための最適な方法についてアドバイスさせていただきます。詳細は弊所までお問合せください。

法律、および人事に関する最新情報をご希望の方は、弊所ニュースレターをお申し込みください。

Related Articles

Download

Barrister

Steven Langton

Cookie Policy    Complaints Information

 

 

© 2013-2019  3HR Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is New Broad Street House, 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3HR Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3HR Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com