Language Options  

ニュースレター

ポスト・スタディ・ワークビザ

22 November 2019

Thomas Miles

英国政府は、雇用主がTier 4ビザの卒業生をより簡単なプロセスで採用できるようにする意向を発表しました。これは、関係する企業と学生の両方にとって歓迎すべき変化となるでしょう。

 

これは、学生ビザ(すなわち、現行のTier 4ビザ)を持っている全ての留学生に新しい「卒業」ルートを設立することが目的です。 政府の刊行物によると、この卒業ルートは、スキル・レベルや給与に関係なく、2年間あらゆる職務に就けるという点で、Tier 5ユース・モビリティ・スキーム(すなわちワーキングホリデービザ)に似ています。昔の英国のポスト・スタディ就労ビザ制度を覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。今回の発表はその制度に似ています。

 

政府は、科学技術などの主要分野で非常に才能のある移民労働者を誘致することを過去に目的とし、そのためにある程度の時間を費やしてきましたが、現実的には、英国の大学を卒業する世界中からの学生を会社が採用する事が有用であるということです。

 

この学生ビザでの2年後、その時点で通常のビザ要件を満たす役割を担っていれば、Tier 2 (General) ビザに切り替えることができるようになると思われます。これは、現在ではRQFレベル6の役割(すなわち、大学学位レベルのスキルの役割)と、最低給与要件を満たすことを意味します。 現時点では明確ではありませんが、最低給与要件は「新規参入者(New Entrant)」レベルになる可能性が高いと思われます。これは、現在のtier 4  学生ビザからTier 2 (General) ビザに切り替える時に必要とされているより低い給与額レベルを意味します。

 

2年間の終わりにTier 2 (Genera)ビザに切り替えるには、そのビザ要件を満たす役割を見つける必要がありますが、少なくとも企業側にとっては、まずは2年のタイムスケールで低いスキルレベルの役割から雇用をはじめ、徐々にTier 2 (General)ビザレベルの役割に指導およびトレーニングを与えていくことが可能となります。 これは、卒業生をいきなり高スキルの役割に就かせて、雇用主の希望よりも高い給与を支払わなければならない現行制度に比べて、より好ましいものになるでしょう。

 

政府は、2020/2021年に大学に入学する学生の採用からこの卒業ルートを開始すると述べています。 ほとんどの学位コースが3年であることからすると、2023年の末まではこのルートは適用されないことになります - もちろん、1年コースの学生はより早く適用が開始されます。

 

このルートが適用されるまでにはまだ時間があるので、その時までに他の移民制度がどのようになっているかが不明であることはポイントとして挙げておきます。なお、今回のニュースレターでは、卒業生が Tier 2 (General) ビザの要件を満たす必要があるとご説明しましたが、実際の政府の刊行物は(意図的にと思われますが)「熟練労働ビザ(skilled work visa)」と記載されています 。 現時点ではこれはTier 2 (General) ビザのことを意味しますが、もちろん、Graduateルートが有効になるまでにTier  2ビザのシステムが存続しているという保証はありません。

 

一般的に言えば、これは確かに移民学生と企業の両方にとって前向きな変化のように見えますが、このビザルートを利用できるようになるまでにはまだ時間があり、具体的にどれほど役立つのかを知るまでには要件の詳細を知る必要があります。

法律、および人事に関する最新情報をご希望の方は、弊所ニュースレターをお申し込みください。

Related Articles

Download

Director/Head of Legal

Thomas Miles

Cookie Policy    Complaints Information

 

 

© 2013-2019  3HR Corporate Solicitors Ltd 

Registered in England & Wales | Registered office is New Broad Street House, 35 New Broad Street, London EC2M 1NH
3HR Corporate Solicitors Ltd is registered under the number 08198795
3HR Corporate Solicitors Ltd is a Solicitors Practice, authorised and regulated by the Solicitors Regulation Authority with number 597935

All photography courtesy of Nobuyuki Taguchi | www.nobuyukitaguchi.com